【Unity】Unity開発の始め方


Unityでの開発の始め方を入門用として記載します。
Unityのインストールからプロジェクトの作成、基本操作を解説します。

Unityについて

Unityはリアルタイム3D開発プラットフォームです。
Unityでは3Dや2DのWindows・Mac向けのPCソフトや、iOS・Android向けのスマホアプリ、またはPS4やVRといった幅広いジャンルの開発ができます。

Unityのセットアップ

最初の1回のみ必要です。
あなたのPCにUnityをインストールします。

Unityには複数バージョンあり、本来なら違うバージョンを使うたびに毎回サイトでインストールしなくてはなりません。

今回は複数のバージョンを管理してくれるUnity Hubをダウンロードし、今後はUnity HubからUnityを起動したり違うバージョンをインストールする方法を説明します。

Unity Hubのインストール

Unity をダウンロードのページでUnity Hub をダウンロードを選択します。

UnityHubSetup.exeがダウンロードされたらダブルクリックで開いてインストールを開始します。(Macの場合は.dmgファイル)

Unity Hub セットアップが開き、ライセンス契約書が表示されるので同意するを選択します。

Unity Hubをインストールするフォルダを選択し、インストールを選択します。

Unity Hubの設定

Unity Hubの起動

インストール後の画面でUnity Hubを起動できなかった場合はインストール先のフォルダにUnity Hub.exeがあるのでダブルクリックで起動してください。

Unity Hubのセキュリティ警告

起動後にWindowsセキュリティの重要な警告が表示されたらチェックを入れてアクセスを許可するを押してください。

Unityの保存先の指定

Unity Hubを起動したら右上の歯車の設定を選択してください。

Unityの各バージョンをインストールするフォルダや言語を変更する場合はここを修正してください。

Unityライセンスの認証

Unity Hubを使用するために「ライセンス管理」を選択してライセンスを認証します。

ライセンスが認証されてない場合は下にログインが出てきますのでUnityのアカウントでログインしてください。

別のウィンドウでUnityのサインインページが出てきます。
用意したアカウントでサインインしてください。

ログインすることで右上のアイコンが変わります。
また、新規ライセンスの認証が押せるようになっていますので押下してください。

ライセンスを選択する画面がありますので選択して下さい。
今回は無料のUnity Personalを選択します。

前年度の売上が10万ドル以下、または業務に使用しない場合はUnity Personalを選択できます。

選択したら「実行」を選択してください。

ライセンスの追加後はこのような画面になります。
Unity Proライセンスに変更する場合も同じ手順です。
ライセンスを返却する場合は「ライセンスを返却」を選択してください。

Unityをインストール

環境設定から左上の矢印で最初の画面に戻ってきました。
インストールを選択して右上の「インストール」を押下します。

Unityバージョンを加えるでUnityをインストールします。
上から新しい順です。バージョンによって仕様や機能が違います。
LTSは長期サポートリリースというバージョンで各メジャーバージョンの安定板です。

バージョンを選択したら「次へ」を選択してください。

インストールするバージョンにモジュールを追加できます。
UnityでAndroidやiOSのアプリを作成するには追加のモジュールが必要です。
必要であれば選択して「実行」を押してください。

Unityインストール後は以下のような画面になります。
バージョンの右上の「…」からモジュールの追加やアンインストールが可能です。

Unity Projectの作成

Unity Hubでプロジェクトを選択し「新規作成」を選択します。
新規作成の右の矢印を押すと作成するプロジェクトのUnityのバージョンを選択できます。デフォルトは最新のバージョンが選択されます。

すでに作成されているUnityプロジェクトを追加したい場合は「リストに追加」を押してプロジェクトのフォルダを選択して追加できます。

通常は3Dで問題ないです。3Dで選択したあとに2Dの開発に変更できます。
新規作成時のテンプレートが作りたいものに適したものになります。

作成後はUnityが開きます。

今後はUnity Hubに追加されているのでそちらから起動できます。

画面の説明

Unityの画面の説明をします。

Project

説明

Unityのプロジェクトのフォルダに含まれているフォルダとファイルを表示します。

プロジェクトフォルダ下のAssetsフォルダ以下と、Unityが公式で出している追加パッケージを管理するPackage Managerで追加したパッケージが表示されています。

右上の「…」を選択することでレイアウトを変更できます。

Assets以下のフォルダを選択して右クリックすることで以下のメニューが出ます。もしくは左上の「+」を押すことで同じメニューが出ます。

フォルダ・ファイルの追加

メニューからCreateを選択し、右側で作りたいものを選択してください。
フォルダを作成する場合は「Create > Folder」Scriptを作成する場合は「Create > C# Script」Sceneを選択する場合は「Create > Scene」 を選択します。

もしくはプロジェクトフォルダのAssetsフォルダ以下に直接フォルダ・ファイルを追加することで追加できます。

フォルダ・ファイルの削除

削除したいフォルダ・ファイルを選択してメニューのDeleteを選択します。

もしくはプロジェクトフォルダのAssetsフォルダ以下のフォルダ・ファイルを削除することで削除できます。

Console

説明

Unityのログを表示します。
エラーはここに表示されるので動作しなかったり止まったりした場合はここを確認して下さい。
エラー以外にも動作確認のためのログも存在します。

Hierarchy

説明

HierarchyはSceneの中の構造を表示しています。
SceneはUnityで画面や場面を管理する役割があり、Projectの中の.sceneファイルに保存されています。

Sceneの中にはCameraやLight、ほかにもCanvasなどがあります。
また、それらの要素をGameObjectと呼びます。

Sceneを変更するにはProjectで作成してあるSceneをダブルクリックするか、Hierarchyの「+」でSceneを追加することができます。

Sceneごとの右上の「…」でSceneをRemoveして消すこともできます。

Inspector

説明

Inspectorは各ファイルや各GameObjectを選択しているときにその詳細を表示する場所です。
下の画像ではMain Cameraを選択しているのでCameraの情報が表示されています。また、TransformはこのGameObjectの3D空間での座標を表しています。

AssetStore

説明

AssetStoreはUnityのAsset(素材)を提供しているストアです。
無料から有料の画像や音楽・3Dモデル・プログラムなどUnityに関するさまざまなものが存在します。

Scene

説明

SceneはHierarchyに表示されているSceneの位置関係を3Dで表示したものです。

2Dを選択することで常に正面からの2D表示になったり、右上のXYZを選択することで向きを変更したりできます。
ほかにもマウスでGameObjectを移動したり、回転したりも可能です。

Game

説明

作成した画面を表示する場所です。
UnityではCameraに映ったものが作成画面として表示されます。
画面サイズを指定することができます。

Headerのメニュー・ボタン

メニュー

Unityのメニューです。
上で紹介したようなウィンドウは「Window」から追加することができます。
たまに操作するものなので省略します。

マウスツール

Sceneのウィンドウでのマウス操作のアクションを切り替えます。

実行ボタン

Unityで作成したものを実行して動かしたり、実行中に一時停止するためのボタンです。

その他

こちらもたまに使用するボタンです。
AccountでUnityにログインしているアカウントを変更したり、LayersでGameObajectの描画順に使用しているLayerを編集したり、一番右のウィンドウのレイアウトの設定でレイアウトを変更したりするときに使用します。

軽く解説しましたが、ほかにあればコメントいただけると追記します。

22 thoughts on “【Unity】Unity開発の始め方

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です