【Git】SourceTreeでGit管理


SourceTreeでGitを利用する方法を記載します。

Git記事まとめもどうぞ

インストール

SourceTreeのサイトでSourceTreeをダウンロードします。
WindowsとMacがありますが、私はWindowsを使用しています。

ダウンロード完了後はインストーラーをダブルクリックして起動します。
SourceTreeの利用には開発元であるATLASSIANのアカウントが必要です。
Bitbucketを押すことでブラウザが開き、Googleアカウントなどで認証できます。

登録後はブラウザに「Authentication Successful」と表示されます。
ブラウザからインストーラーに戻ると以下の画面になっていますので次へを押してください。

ツールのインストールの画面ではGitが選択されている状態で次へを押します。
GitをインストールしないとSourceTreeがあってもGitを操作できません。

ツールのインストールが始まりますので完了したら次へを押します。

PreferencesではGitでコミットするさいの署名を設定できます。
Gitにコミットした人の情報なので名前と公開してもいいメールアドレスを入力し次へを押してください。

アカウントの設定

インストール後は以下の画面が表示されます。
左側にアカウントを編集があるのでBitbucketで登録したアカウントをこのアプリから削除したり、別のGitサービスのアカウントを登録してください。

また、アカウントはクローンの際に自動で認証を求められるのでいちいち追加する必要はないです。

Clone

クローンでローカルリポジトリを作成します。
すでにある場合はAddでローカルリポジトリのパスを指定してSourceTreeで管理することもできます。

一番上がGitのURLです。https://{GitサービスのURL}/{アカウント名}/{リポジトリ名}.git という風になっていることが多いです。
URLを入れたら下の入力欄を選択すると認証が始まります。
認証時にアカウントがなければGitサービスのアカウントでログインを求められます。

2つ目の入力欄はローカルリポジトリのパスです。
実際にプロジェクトのファイルを置く場所を指定します。

3つ目の入力欄はSourceTreeでのプロジェクト名です。

入力してクローンできる状態であれば下のクローンが押せるようになります。

リポジトリの操作

リポジトリの管理画面ではコミットやプル、プッシュなどのボタンがありますのでそれらで作業できます。

左側のブランチをダブルクリック、もしくは右の更新履歴のブランチ名をダブルクリックすることでブランチの切り替えができます。

また、リポジトリの横の「+」を押すことで他のリポジトリの操作もできます。

One thought on “【Git】SourceTreeでGit管理

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です