【Windows】環境変数の追加


パスワード管理帳のフリー画像

Windowsでcmd.exeを使用してコマンドを実行する際に必要な環境変数を設定する方法を記載します。
Macの環境変数についてはこちら

環境変数の設定

Windowsの左下のスタート検索バーにenvと入力して「システム環境変数の編集」を選択します。

選択して開いたシステムのプロパティの「環境変数(N)…」を選択します。
システム環境変数のPathを選択し編集を押下、新規を選択して環境変数に追加したいパスを入力し、OKで閉じていきます。

確認方法

cmd.exeを起動し、追加した環境変数のパスにある.exeや.batなどのファイル名を指定して実行できれば環境変数の設定ができておりパスが通っています。

‘(コマンド名)’は、内部コマンドまたは外部コマンド、
操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません。

と表示された場合はパスが通っていないので環境変数にパスが追加できていません。

One thought on “【Windows】環境変数の追加

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です